自家焙煎 珈琲(コーヒー)屋 ぶどうの木 コーヒー豆ショッピング 当店のご案内
コーヒー・インフォメーション
コーヒーインフォメーション

おいしい「コーヒー焼酎」の作り方

コーヒー焼酎
 コーヒーはアルコールとも相性の良い飲み物です。
 世界的には、アイリッシュ・コーヒーやカフェ・ロワイヤルなどが有名ですが、日本の焼酎の素朴な味わいもまた格別なものがあります。
 今回は、コーヒーと焼酎のほろ苦さが絶妙に調和する「コーヒー焼酎」をご紹介します。
 作り方はいたって簡単です。


用意する物

  1. 焼酎(しょうちゅう)
    焼酎 市販されている通常の物で結構です。

  2. コーヒー豆
    コーヒー豆 焼酎1リットルにつき20g前後
    深く焙煎された豆の方がより香ばしく、コーヒーのエキスが抽出し易くなります。
    フレンチ・ローストくらいが適当です。

  3. 移しかえ容器
    移しかえ容器 大きめのビンなど



作り方

  1. 焼酎にコーヒー豆を粒のまま入れる。

  2. 3日〜5日 そのまま置く。
    5日間の経過
    浮いていた豆が沈み、色が濃くなっていきます。

  3. コーヒーの色がつき、ほとんどの豆が沈んだら出来上がり。

  4. コーヒー豆を取り出すため、別の容器にうつす。
    (コーヒー豆を入れておく時間を長くすると、よりコーヒーの味・香り・色が出ます。)


 ロックで、水割りで、またミルク割りで楽しめます。
ミルク割りの例
コーヒーインフォメーション・メニューへ戻ります



©2001-2005 budounoki all rights reserved.